上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JP.jpg


Japan Colorプルーフ運用認証を取得してから4月で1年になりました。

この1年間に、ISO準拠による3ヶ月ごとの定期チェックを4回実施しました。

現在までのところ定期チェックの結果に関しては、途中で多少の微調整を施しましたが、

概ね順調な結果が出ています。

来年4月の更新検査までこの調子で安定した状態を維持できればと思います。


JP2011.jpg


今回Japan Colorの定期チェックを1年間実施してみて、

インクジェット大判プリンターの安定性を改めて確認できました。

色のシビアさを何処まで求めるのかによりますが、Japan Colorの許容値(平均ΔE3)

で考えた場合、IJプリンターによるキャリブレーションは頻繁に行う必要が無いこと

が分かりました。


CAL.jpg
    Spectro ProoferによるIJプリンターのキャリブレーション (機器の色補正)


平均ΔEが2以上基準値から外れてきた場合、人間の目でみた感覚として違う色に見えてきます。

弊社でもシビアな色を要求してこられるお客さんに対しては、

平均ΔEの許容値は2.0までと考えています。

その場合は、1年間に数回のキャリブレーションの実施が必要になるはずです。


全てのプリンターのターゲット色を常に色差無く安定して維持しているのが一番良いのですが、

それと比例するように管理する為の時間と手間も膨大になって来ますので、

お客さんの求めるレベルに応じて、臨機応変に対応していくのが良いのではないのでしょうか。










スポンサーサイト
暑かった夏も終わり、やっと過ごしやすい季節になってきました。

6月に1回目のJapan Colorの定期チェックを行いましたが、あっと言う間に3ヶ月が過ぎ、

2回目の定期チェックを迎えました。

3ヶ月が経過して、どの程度の色ズレが生じているのか気になるところです。


コントロール



【定期チェックの結果】   【 Japan Color認証基準  平均ΔE 3   最大ΔE 6 】

1号機 平均ΔE 1.14 最大Δ 4.05     2号機 平均ΔE 1.32 最大Δ 5.00


と言う測色結果になりました。平均ΔEに関しては全く問題ありませんでした。合格です

2号機の最大ΔE 5.00が気になります。

次回の定期チェックの結果によっては、色調整が必要になるかも知れません。

全体としては、プルーフの色は非常に安定していると言えます。



Japan Colorプルーフ運用認証では、3ヶ月ごとの出力チェック管理が義務づけられています。

プルーフ運用認証を取得してから初めての定期チェックを行いました。

定期チェックは、Japan Color コントロールストリップ54色にて色の安定を判断します。

コントロール

指定のチャート及びコントロールストリップを認定済みのプリンターで出力し、

平均ΔEが3以内 最大ΔEが6以内 ならば定期チェックは合格です。

自分の中では、多分クリアー出来るだろうと思っていても結果が分かるまでは不安一杯です。

弊社は出力プリンターを2台所有していますので2台共、管理する事になります。


そして、出力後の測色による判定結果は、

1号機-- 平均ΔE 1.35 最大ΔE 4.34    2号機-- 平均ΔE 1.06 最大ΔE 4.55

と言う結果になりました。合格です。とりあえず一安心と言ったところです。

定期管理の測色チャートは、チェック管理表と共に保管が必要です。

JP2011.jpg
           こんな感じでファイルに綴じておきます。


今回の定期管理では合格になりましたが、2年後の認証更新までに7回の検査を、

全てクリアーしなければなりません。

プルーフの色を安定的に保つためのJapan Color認証の管理基準の厳しさを、

改めて認識しているところです。





















先日、Japan Colorプルーフ運用認証の認定書が事務局より送られて来ました。

認定されました、とメール連絡があった時は、あまり実感が無かったのですが、
実際に認定書が届いてみると、感無量と言う感じです。

認定書1

これによって、プルーフ品質の高さを証明できた訳ですから、色々な面でお客様に対して
アピールしていけたらと思っています。

Japan Colorに対するお客様の認知度も以前よりは上がって来たと思うのですが、
まだまだ普及に弾みがついている実感はありません。

本当の意味でJapan Colorが業界のスタンダードとして広まって行くように、
少しでも貢献できればと考えます。








このほど、弊社はインクジェットプルーフFalbard AQUAで、

(社)日本印刷産業機械工業会が制定するJapan Colorプルーフ運用認証を取得しました。

このプルーフ運用認証を取得したことにより、Japan Colorを出力できる質の高いプルーフを

所有し整備していることが、第三者機関によって認められたことになります。


プルーフ運用認証では、認証取得後も3ヶ月に一度のチェック管理が義務付けられています。

このプルーフ運用認証と併せ、今後も質の高いプルーフ出力を提供していきます。


FB
      Japan Colorプルーフ運用認証に認定された Falbard AQUAです。



























PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。