上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新のカラーマネジメントモニターは、Adobe RGB色域カバー率が100%に近い機種

が増えてきました。

高精度なモニター環境下では、デザイナーやクライアント様の色に対する要求は

益々シビアになり、広色域出力がノーマルのように考えられてしまっています。


元々プリプレスの現場では、印刷のシミュレーション的な役割でプリンターが使用されていて、

弊社でもそうですが、全てがCMYK出力の環境になっています。

RGBで作り込んだポスターなどの出力を、印刷会社や出力センターに依頼された時に、

色再現などでトラブルになった事はありませんか


CMYKの色域はAdobe RGBに遠く及ばないために、モニター色確認時とは乖離した

ものになってしまうのです。(こんなはずではなかった・・・

クライアント様の要求に答えるためには、RGB出力の環境も整えなければなりません。

レイアウトのデータは 画像は プリンターは

プリンターの構築や作業の方法まで違うために対応できない会社も多いのです。


Kaleidoガモット


そこで登場するのが、弊社も東洋インキさんから出力認証を頂いているカレイド出力です。

上の図を見て頂いても分かるとおり、従来インキ ( Japan Colorなど ) に比べても、

Adobe RGBに近い鮮やかな色再現が期待できます。


カレイド出力の一番のメリットはCMYK環境そのままで出力できる事です

インクの色域が広いだけなんですね。

これならデザイナーさんもデータ作成で悩むこともありません

普通のDTP環境で作業できます。


出力センターなどにデータを持ち込んで、色再現の悪さにガッカリ(;。;)される前に、

色鮮やかなポスター出力をお求めでしたら

是非ともワーカフィルにご相談ください。


スポンサーサイト
Falbard AQUAの出力環境で考えた場合、Adobe RGB色を極力再現して出力するのには、
Kaleidoプロファイルをリップに設定して出力するのが一番ベストな方法かもしれません。
当然といえば当然なんですが、CMYKで出力するわけですから・・・。

東洋インキのホームページを見ると、現在はKaleidoプロファイルVer5.0の配布が
始まっています。彩度が高いレッドやグリーンでも、より自然な感じの階調表現の向上
がみられるようです。

実際にFalbard AQUAで設定して出力してみると、CMYKでは表現できない鮮やかな
色彩表現を観ることができました。
これがRGBだ!!・・と言う感じです。モニターの色にもかなり近いです。


少し分かりづらいですが・・・こんな感じです。
カレイド
  Japan Colorのプルーフ出力       Kaleidoのプルーフ出力


Kaleidoには、東洋インキ独自のプルーフ認証制度があるようです。
最近はJapan Colorを初めとして、色々な認証制度が印刷業界でも普及してきています。

認証のプルーフ機器としては、FUJIのプリモジェットやGMGのドットプルーフ、
エプソンの純正用紙をPX-H10000・PX-H8000で出力した場合などです。

規定のテストチャートを出力して東洋インキに提出して、一定以上の条件を満たした場合には
認定してもらえると言うものです。認定証書も発行されます。
弊社のFalbard AQUAそのものは認証されていないようです。

このような種々の取り組みによって印刷業界全体のレベルアップが図られるのは、
とても良いことだと思います。















PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。