上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日暑い日が続いていますが皆さんお元気ですか。

連日の熱帯夜で、エアコン君も休む暇が無い・・と言ったところでしょうか。

今日は、色合わせの為の便利な機能、プロファイル変換
について記事にしてみたいと思います。

弊社でも印刷の設定は、Japan Colorを含めて4種類ほど作成していますが、

印刷設定の違う画像の使い回しって結構あるんです。

パンフレット(マット系)で使用した画像をチラシ(コート系)でも使用する・・と言う様な場合ですね。

当然、同じ色目で見せる為には、網%を変更しなければいけません。

そんな時に使える便利な機能がプロファイル変換です。

RGB→CMYK変換に使用していると思いますが、CMYK→CMYKでも理屈は同じです。

見た目を優先させて印刷設定を変更してくれます。

変換だけで完璧に同じ色目とはなりませんが、微調整のみで作業を終了できます。

RGB変換と同じく、印刷プロファイルをCMYK画像に埋め込む事により

色空間が保たれる事になります。

その後で変更したい印刷設定にプロファイル変換

をします。網%は変更されますが視覚的な色目は保持されます。

終了したら、トーンジャンプの有無だけは確認しておきましょう。







スポンサーサイト

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。