上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、東洋インキのカレイドプルーフ認証を取得しました。

2度目のチャート提出、チェックでやっとOKがでました。

この認証により、カレイドインクを使用した場合の印刷シミュレーションを、

弊社のプルーフFalbard AQUAにて再現する事が可能になりました。


             カレイド認定書

カレイドインクは従来のインクを小手先に改良を加えたものでは無く、

4色インクでRGBの発色に極限まで近づけるために、

インクの顔料から根本的に見直して開発された画期的なインクなのだそうです。


   Kaleidoガモット


インクのガモット図を見ても分かるように、

全ての色相で従来のインクよりも彩度が上がっています。

特にピンク、バイオレット、オレンジ系の色は従来インクよりも色域が大幅に広く、

Adobe RGBにきわめて近い広さをもっているため、

従来インクでは表現が不可能だった、ピンク系の花やブルーの空などの色が、

RGBにきわめて近い色で表現することができます


カレイド比較

            Japan Colorと比べてみました。一目瞭然!


今までは不可能であったRGB系の発色が、カラーマネジメントモニターでも確認できます。

今後はプルーフによるオンデマンド出力を中心に、カレイド対応印刷会社などとの連携も模索して

カレイドの普及に貢献して行ければと考えています。










スポンサーサイト

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。