上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ΔEの値は、人間の視覚で感じた色の違いを数値で表したものです。

ΔEが『1』ならば、ほぼ同じ色。ΔEが『5』ならば、かなり違った色と言う感じです。

それでは、どの色の場合でも網%が比例して変化した場合、

同じようなΔE値になるのでしょうかチョット実験してみました。


下の図はレギュラー4色の1次色・2次色・3次色(グレー)・を5%づつ変化させて並べたものです。
WS.jpg


基準を50%とし、測色計を使用してΔE値がどのように変化するのかを調べてみました。
その値が下の表になります。
ΔE

網%の変化量とΔEの値は色によって同じにはならない事が分かります。


Yは網%を変化させても視覚的には色変化の度合いは小さく感じます。

逆に、3色グレー(Y+M+C)やバイオレット色(M+C)は、網%を同じように変化させていった場合、

他の色よりも視覚的な色変化の度合いは大きく感じる事が分かります。


日常的な色補正作業をする中で、もう少し濃くだとか、もう少し薄くと言うような修正の仕方を

している場合があると思います。

色による視覚的な変化の違いを理解していれば、作業の効率は今まで以上に上がり、

やり直しなどの作業も今まで以上に減るのではないのでしょうか








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。